スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
posted by Nyawo at date: --.--.-- --:--
Category: スポンサー広告 | Permalink | Comment (-) | TrackBack (-) |
[定跡][右四間] 対右四間飛車 2
前回[定跡][右四間] 対右四間飛車では、△右四間側からの急戦を書いたんですが、その後、こんな手順もあると教えていただいたのでその手順を今回はまとめてみたいと思います。
テーマ図 初手より
▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩
▲6六歩 △6二銀 ▲5六歩 △6四歩
▲7八金 △6三銀 ▲4八銀 △5四銀
▲5七銀右 △6二飛 (テーマ図)
前回はここから▲5八金としたんですが、▲2六歩という手もあるみたいです。金を4九のまま保留することで△3九角を消ながら、▲2六歩で早く反撃の形を作る構想で指すようです。

テーマ図 4九金保留で▲2六歩で、後手が前回と同じように急戦で来た場合は以下の手順になります。
▲2六歩 △6五歩 ▲6七銀 △6六歩
(第1図)
先手は同様に雁木の形で迎え撃ちますが、ここでは▲同角が定跡手順になります。▲6六同銀直の変化は後で考えてみたいと思います。
結果図 第1図より
▲6六同角 △6五歩 ▲7七角 △3三角
▲7五歩 △3二銀 ▲7六銀 △4二玉
▲6八飛 △3一玉 まで結果図
先手側は▲7五歩と伸ばして後手の桂馬の活用を妨げ、▲7六銀~▲6八飛と振って6筋逆襲を狙う指し方になります。
形勢は五分と思いますが、居飛車で指そうと思ったのに飛車を振っている点や、後手は自然と美濃囲いに収まり囲いも完成間近ですが、先手は未だ居玉で囲い方も難しくまだ手順もかかるとあって、そんな自慢できる感じではありませんが、形勢としては五分です。
この局面から気をつけないといけないのは、例えば▲4八玉などとして、飛車の横効きを消してしまうと△7七角成 ▲同桂 △2八角とかがあります。先手も手順に桂馬が跳ねられますが、香損は確定なのでどうでしょうか。
正直、個人的にはあんまり指したいとは思わない形ですがwww

参考図 さて、第1図までもどって▲5八金と上がっていない形で▲6六同銀直と取ってしまうどうなるのでしょうか? 結構な混戦になりかねないので注意が必要だと思います。一応手順の例を考えると
▲6六同銀直 △6五歩 ▲5五銀 △4二金
▲2五歩 △5五銀 ▲同歩 △5四歩
▲同歩 △8八角成 ▲同金 まで参考図

飛車の横効きがあるので△7九角は今すぐはありません。先手からは▲5三銀があります。この形も五分のまだ形勢ですが先手陣はバラバラなので、個人的には先手持って指すのに覚悟がいるなぁ~。という感じです。

個人的な見解としてまとめると、先手が4九金を保留して指す形はでは、後手が急戦を避けて持久戦になれば▲2六歩が一手早くつけた分得になりそうですが、急戦になった場合、▲6八飛と回った後に先手が良くなる順がないと難しい気がしています。
この後どうなるかはちょっと分かりませんが、わかったらまた記事にしてまとめてみたいと思います。
Flashで表示
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
posted by Nyawo at date: 2010.01.27 23:50
Category: 矢倉 | Permalink | Comment (0) | TrackBack (0) |
Comment
管理者にだけ表示を許可する
 
TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。