スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
posted by Nyawo at date: --.--.-- --:--
Category: スポンサー広告 | Permalink | Comment (-) | TrackBack (-) |
[定跡][右四間] 対右四間飛車
居飛車党にせよ振り飛車党にせよ、一度は右四間の洗礼を喰らった事はあるのではないでしょうか?
右四間は発展性がない故にプロ棋士間ではあまり指されない戦法ではありますが、裏を返せばアマチュアでは通用する戦法とも言えますし、「さっさと開戦するから発展性などいらんわ」 という考え方もあります。実際、右四間は強力ですし、高段の方でも右四間を得意にしてらっしゃる方もいらっしゃいますのでそーいう将棋を見ると 「右四間は優秀だなぁ~」 と思います。
私自身は対居飛車に右四間は用いませんが、対四間飛車に右四間を用いることはままあります。

第1図 ▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩
▲6六歩 △6二銀 ▲5四歩 △6四歩
(第1図)
△6四歩のところで△5四歩なら相矢倉模様になります。△6四歩が右四間を指向した一手で、ここから先手は右四間を警戒しながら指し手を進めることになります。

右四間と一口に言っても急戦調の仕掛けから持久戦までありますが、まず初めのポイントは、
  1. 右四間は▲6六歩と角道を止めたから成立する戦法である。
  2. 右四間の狙いは、まず、4筋 (6筋) の突破
  3. 次に、角交換後3九角 (7九角) へ角を打ち込むこと
ではないでしょうか。
第1点目のポイントについて少し補足すると、5手目▲6六歩としなければ6五の地点が争点にならないので右四間は成立しません。でも、5手目▲7七銀では、[定跡][矢倉] 現代矢倉24手組のエントリでも触れたように矢倉急戦や矢倉中飛車にされたときに▲7七銀が活きてきません。
というわけで、現代矢倉24手組をするなら、右四間対策は必修科目なのではないのかなぁ~と

テーマ図 ▲7八金 △6三銀 ▲4八銀 △5四銀
▲5七銀右 △6二飛 ▲5八金 △6五歩
(テーマ図)
後手は早くも△6五歩として仕掛けてきます。
結論から言えば、これは無理攻めなので正しい対応策を知っていればなんと言うことはありません
自然に見える先手の応手は2つあります。一つは▲6七銀と雁木で迎え撃つ指し方。もう一つは▲6七金右としてあくまでも矢倉指向で進める指し方です。

■ ▲6七銀の場合
第2図 ▲6七銀 △6六歩 ▲同銀直 △6五歩
▲5五銀 △4二金 ▲2六歩 △5五銀
▲同歩 △5四歩 ▲同歩 △8八角成
▲同金 △ 6六歩 ▲5三銀 まで
(第2図)
手順の途中 (22手目) △4二金は5筋で銀交換してから、先手が5筋から反撃してくる手に備えた一手で必須の定跡手順です。先手は立ち後れている2筋の歩を伸ばして応じますが、この局面では▲2六歩に代わる手もありません。
角と銀の総交換になりますが後手は歩切れが痛く、5筋からの反撃が厳しいです。第2図以降は△6三飛 ▲6四歩 と攻め駒を精算してしまわないように後手玉を上部から圧迫していけば勝ちになります。
相矢倉戦を目指しながらこういう戦いになるのは先手としては若干不本意かも知れませんが対策としてはこれが定跡手順になります。

■ ▲6七金右の場合
第3図 ▲6七金右 △6六歩 ▲同銀 △6五歩
▲5五銀 △4二金 ▲5七銀 △5五銀
▲同歩 △5四歩 ▲4六銀 △5五歩
▲同角 △同角 ▲同銀 まで
(第3図)
22手目 △4二金に先手は▲5七銀と応じます。この▲5七銀が入ってないと将来的に△3九角の筋がありますし、後手は6筋を攻めてきているのですから、▲5七銀と6筋を厚くするのが良いです。
第3図では未だ形勢ははっきりせずこれで先手が悪いかと言われると難しいですが、引っかき回されている感じですし、せっかく交換した銀を手放した割りには今のところその効果も微妙です。▲6七銀に比べるとこの展開は劣り、テーマ図からは▲6七銀と覚えたいものです。

Flashで表示
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
posted by Nyawo at date: 2010.01.24 23:10
Category: 矢倉 | Permalink | Comment (0) | TrackBack (0) |
Comment
管理者にだけ表示を許可する
 
TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。