スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
posted by Nyawo at date: --.--.-- --:--
Category: スポンサー広告 | Permalink | Comment (-) | TrackBack (-) |
[定跡][矢倉] 現代矢倉24手組
振り飛車党ならば、四間専門の人もいれば三間専門、中飛車専門の人もいると思いますが、居飛車党というと、私の印象的には 「居飛車党 = 矢倉」 というイメージが漠然とあります。というわけで、矢倉のお勉強

図1 初手▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩
(図1)
矢倉模様の出だしです。旧矢倉24手組ではここで▲7七銀とします。しかしここで▲6六歩とするのが現代矢倉24手組。
5手目▲7七銀は8筋からの攻めには強いけれども反面中央が薄く急戦になったとき立ち後れ気味の感があります。米長流や中原流の急戦は角道の攻めなので、先手陣が▲7七銀と角道を不自由にしてしまうと、矢倉急戦を誘発する感もあります。
一方、5手目▲6六歩は含みの多い手で矢倉を本線にしつつも場合によっては雁木にしたり振り飛車にすることもできます。
5手目▲7七銀としてそれで先手が完全に悪くなるなけではないので、好みとかの範疇と言えないわけでもないそうですが、▲6六歩の方が 「早めに形を決めない」 点と、「より手堅く矢倉に組める」 点に魅力があるそうです。

図2 図1より、
▲6六歩 △6二銀 ▲5六歩 △5四歩
▲4八銀 △4二銀 ▲5八金右 △3二金
▲7八金 (図2)
△3二金を見て▲7八金と歩調を合わせる。
▲7八金のとき、▲6七金として早囲いを目指す指し方では急戦に来られたときにうまくいかない。12手目で△5二金右と後手が早囲いを目指した場合には▲6七金としてこちらも早囲いを見せるぐらいで良いような気がします。12手目△5二金右に▲7八金とすると、後手にだけ早囲いを許してしまう事になります。先手は6六歩が角道の邪魔をしているので、後手の早囲いを咎める順がこれといってないようです。

図3 図2より
△4一玉 ▲6九玉 △7四歩 ▲6七金右
△5二金 ▲7七銀 △3三銀 ▲7九角
△3一角 ▲3六歩 △4四歩 (図3)
以上24手が現代矢倉24手組と呼ばれる手順になります。

▲6七金のところで先に▲7七銀とすると△6四歩から後手から矢倉中飛車にされてしまう危険性があります。
冒頭でも書いたように▲7七銀は8筋の守りは強化されるが反面中央部が薄くなります。△5二金で矢倉中飛車の可能性が消えてから▲7七銀とするのがよいそうです。

以上 現代矢倉24手組の定跡でした。
簡単にまとめると
  • 出だしは▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩
  • △3二金に▲7八金
  • △5二金に▲7七銀
の3点が現代矢倉24手組のポイントになるのではないでしょうか?
参考書籍
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
posted by Nyawo at date: 2010.01.22 21:10
Category: 矢倉 | Permalink | Comment (2) | TrackBack (0) |
Comment
僕も時々指しますが、矢倉は難しいですよねー(・ω・`

個人的には雁木が好きだったり^^;
D'Sa (URL) 2010/01/23 Sat 22:48 [ Edit ]
雁木は慣れとか経験値とかが必要って聞いていて、指しこなす自信がないですねぇwww。たまに指すと、エライ目に遭いますwww
居飛車党としてはいずれ指し手みたい戦型ではあるんですけどねぇ~
Nyawo (URL) 2010/01/25 Mon 00:20 [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する
 
TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。