スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
posted by Nyawo at date: --.--.-- --:--
Category: スポンサー広告 | Permalink | Comment (-) | TrackBack (-) |
[定跡][右四間] 対右四間飛車 2
前回[定跡][右四間] 対右四間飛車では、△右四間側からの急戦を書いたんですが、その後、こんな手順もあると教えていただいたのでその手順を今回はまとめてみたいと思います。
テーマ図 初手より
▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩
▲6六歩 △6二銀 ▲5六歩 △6四歩
▲7八金 △6三銀 ▲4八銀 △5四銀
▲5七銀右 △6二飛 (テーマ図)
前回はここから▲5八金としたんですが、▲2六歩という手もあるみたいです。金を4九のまま保留することで△3九角を消ながら、▲2六歩で早く反撃の形を作る構想で指すようです。

テーマ図 4九金保留で▲2六歩で、後手が前回と同じように急戦で来た場合は以下の手順になります。
▲2六歩 △6五歩 ▲6七銀 △6六歩
(第1図)
先手は同様に雁木の形で迎え撃ちますが、ここでは▲同角が定跡手順になります。▲6六同銀直の変化は後で考えてみたいと思います。
結果図 第1図より
▲6六同角 △6五歩 ▲7七角 △3三角
▲7五歩 △3二銀 ▲7六銀 △4二玉
▲6八飛 △3一玉 まで結果図
先手側は▲7五歩と伸ばして後手の桂馬の活用を妨げ、▲7六銀~▲6八飛と振って6筋逆襲を狙う指し方になります。
形勢は五分と思いますが、居飛車で指そうと思ったのに飛車を振っている点や、後手は自然と美濃囲いに収まり囲いも完成間近ですが、先手は未だ居玉で囲い方も難しくまだ手順もかかるとあって、そんな自慢できる感じではありませんが、形勢としては五分です。
この局面から気をつけないといけないのは、例えば▲4八玉などとして、飛車の横効きを消してしまうと△7七角成 ▲同桂 △2八角とかがあります。先手も手順に桂馬が跳ねられますが、香損は確定なのでどうでしょうか。
正直、個人的にはあんまり指したいとは思わない形ですがwww

参考図 さて、第1図までもどって▲5八金と上がっていない形で▲6六同銀直と取ってしまうどうなるのでしょうか? 結構な混戦になりかねないので注意が必要だと思います。一応手順の例を考えると
▲6六同銀直 △6五歩 ▲5五銀 △4二金
▲2五歩 △5五銀 ▲同歩 △5四歩
▲同歩 △8八角成 ▲同金 まで参考図

飛車の横効きがあるので△7九角は今すぐはありません。先手からは▲5三銀があります。この形も五分のまだ形勢ですが先手陣はバラバラなので、個人的には先手持って指すのに覚悟がいるなぁ~。という感じです。

個人的な見解としてまとめると、先手が4九金を保留して指す形はでは、後手が急戦を避けて持久戦になれば▲2六歩が一手早くつけた分得になりそうですが、急戦になった場合、▲6八飛と回った後に先手が良くなる順がないと難しい気がしています。
この後どうなるかはちょっと分かりませんが、わかったらまた記事にしてまとめてみたいと思います。
Flashで表示

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
posted by Nyawo at date: 2010.01.27 23:50
Category: 矢倉 | Permalink | Comment (0) | TrackBack (0) |
[定跡][右四間] 対右四間飛車
居飛車党にせよ振り飛車党にせよ、一度は右四間の洗礼を喰らった事はあるのではないでしょうか?
右四間は発展性がない故にプロ棋士間ではあまり指されない戦法ではありますが、裏を返せばアマチュアでは通用する戦法とも言えますし、「さっさと開戦するから発展性などいらんわ」 という考え方もあります。実際、右四間は強力ですし、高段の方でも右四間を得意にしてらっしゃる方もいらっしゃいますのでそーいう将棋を見ると 「右四間は優秀だなぁ~」 と思います。
私自身は対居飛車に右四間は用いませんが、対四間飛車に右四間を用いることはままあります。

第1図 ▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩
▲6六歩 △6二銀 ▲5四歩 △6四歩
(第1図)
△6四歩のところで△5四歩なら相矢倉模様になります。△6四歩が右四間を指向した一手で、ここから先手は右四間を警戒しながら指し手を進めることになります。

右四間と一口に言っても急戦調の仕掛けから持久戦までありますが、まず初めのポイントは、
  1. 右四間は▲6六歩と角道を止めたから成立する戦法である。
  2. 右四間の狙いは、まず、4筋 (6筋) の突破
  3. 次に、角交換後3九角 (7九角) へ角を打ち込むこと
ではないでしょうか。
第1点目のポイントについて少し補足すると、5手目▲6六歩としなければ6五の地点が争点にならないので右四間は成立しません。でも、5手目▲7七銀では、[定跡][矢倉] 現代矢倉24手組のエントリでも触れたように矢倉急戦や矢倉中飛車にされたときに▲7七銀が活きてきません。
というわけで、現代矢倉24手組をするなら、右四間対策は必修科目なのではないのかなぁ~と

テーマ図 ▲7八金 △6三銀 ▲4八銀 △5四銀
▲5七銀右 △6二飛 ▲5八金 △6五歩
(テーマ図)
後手は早くも△6五歩として仕掛けてきます。
結論から言えば、これは無理攻めなので正しい対応策を知っていればなんと言うことはありません
自然に見える先手の応手は2つあります。一つは▲6七銀と雁木で迎え撃つ指し方。もう一つは▲6七金右としてあくまでも矢倉指向で進める指し方です。

■ ▲6七銀の場合
第2図 ▲6七銀 △6六歩 ▲同銀直 △6五歩
▲5五銀 △4二金 ▲2六歩 △5五銀
▲同歩 △5四歩 ▲同歩 △8八角成
▲同金 △ 6六歩 ▲5三銀 まで
(第2図)
手順の途中 (22手目) △4二金は5筋で銀交換してから、先手が5筋から反撃してくる手に備えた一手で必須の定跡手順です。先手は立ち後れている2筋の歩を伸ばして応じますが、この局面では▲2六歩に代わる手もありません。
角と銀の総交換になりますが後手は歩切れが痛く、5筋からの反撃が厳しいです。第2図以降は△6三飛 ▲6四歩 と攻め駒を精算してしまわないように後手玉を上部から圧迫していけば勝ちになります。
相矢倉戦を目指しながらこういう戦いになるのは先手としては若干不本意かも知れませんが対策としてはこれが定跡手順になります。

■ ▲6七金右の場合
第3図 ▲6七金右 △6六歩 ▲同銀 △6五歩
▲5五銀 △4二金 ▲5七銀 △5五銀
▲同歩 △5四歩 ▲4六銀 △5五歩
▲同角 △同角 ▲同銀 まで
(第3図)
22手目 △4二金に先手は▲5七銀と応じます。この▲5七銀が入ってないと将来的に△3九角の筋がありますし、後手は6筋を攻めてきているのですから、▲5七銀と6筋を厚くするのが良いです。
第3図では未だ形勢ははっきりせずこれで先手が悪いかと言われると難しいですが、引っかき回されている感じですし、せっかく交換した銀を手放した割りには今のところその効果も微妙です。▲6七銀に比べるとこの展開は劣り、テーマ図からは▲6七銀と覚えたいものです。

Flashで表示
人気ブログランキングへ
posted by Nyawo at date: 2010.01.24 23:10
Category: 矢倉 | Permalink | Comment (0) | TrackBack (0) |
[定跡][矢倉] 現代矢倉24手組
振り飛車党ならば、四間専門の人もいれば三間専門、中飛車専門の人もいると思いますが、居飛車党というと、私の印象的には 「居飛車党 = 矢倉」 というイメージが漠然とあります。というわけで、矢倉のお勉強

図1 初手▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩
(図1)
矢倉模様の出だしです。旧矢倉24手組ではここで▲7七銀とします。しかしここで▲6六歩とするのが現代矢倉24手組。
5手目▲7七銀は8筋からの攻めには強いけれども反面中央が薄く急戦になったとき立ち後れ気味の感があります。米長流や中原流の急戦は角道の攻めなので、先手陣が▲7七銀と角道を不自由にしてしまうと、矢倉急戦を誘発する感もあります。
一方、5手目▲6六歩は含みの多い手で矢倉を本線にしつつも場合によっては雁木にしたり振り飛車にすることもできます。
5手目▲7七銀としてそれで先手が完全に悪くなるなけではないので、好みとかの範疇と言えないわけでもないそうですが、▲6六歩の方が 「早めに形を決めない」 点と、「より手堅く矢倉に組める」 点に魅力があるそうです。

図2 図1より、
▲6六歩 △6二銀 ▲5六歩 △5四歩
▲4八銀 △4二銀 ▲5八金右 △3二金
▲7八金 (図2)
△3二金を見て▲7八金と歩調を合わせる。
▲7八金のとき、▲6七金として早囲いを目指す指し方では急戦に来られたときにうまくいかない。12手目で△5二金右と後手が早囲いを目指した場合には▲6七金としてこちらも早囲いを見せるぐらいで良いような気がします。12手目△5二金右に▲7八金とすると、後手にだけ早囲いを許してしまう事になります。先手は6六歩が角道の邪魔をしているので、後手の早囲いを咎める順がこれといってないようです。

図3 図2より
△4一玉 ▲6九玉 △7四歩 ▲6七金右
△5二金 ▲7七銀 △3三銀 ▲7九角
△3一角 ▲3六歩 △4四歩 (図3)
以上24手が現代矢倉24手組と呼ばれる手順になります。

▲6七金のところで先に▲7七銀とすると△6四歩から後手から矢倉中飛車にされてしまう危険性があります。
冒頭でも書いたように▲7七銀は8筋の守りは強化されるが反面中央部が薄くなります。△5二金で矢倉中飛車の可能性が消えてから▲7七銀とするのがよいそうです。

以上 現代矢倉24手組の定跡でした。
簡単にまとめると
  • 出だしは▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩
  • △3二金に▲7八金
  • △5二金に▲7七銀
の3点が現代矢倉24手組のポイントになるのではないでしょうか?
参考書籍

人気ブログランキングへ
posted by Nyawo at date: 2010.01.22 21:10
Category: 矢倉 | Permalink | Comment (2) | TrackBack (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。