スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
posted by Nyawo at date: --.--.-- --:--
Category: スポンサー広告 | Permalink | Comment (-) | TrackBack (-) |
カニカニ銀 恐るべし
最近はYahoo将棋で野良指ししています。Yahoo将棋で指すメリットは
1. 持ち時間無制限が選べる
2. 先後を決めてさせる
ということです。
一方短所は・・・
1. 対戦相手の棋力が余り高くない・・・
と言うことでしょうか。

とはいえ、初心者の方は定跡にこそ疎いのですが (おいらも人のことは言えない;;;) 原始棒銀、原始中飛車などでぐいぐいと攻めてくるので、正しい受け方を知らないと敗勢になってしまいます。なので、序盤を慎重に指す練習にはなるなー。と、個人的にはメリットを見出しています。

で、いつものように指していたところカニカニ銀に遭遇しました。
カニカニ銀は、かの羽生先生も 「優秀な戦法だと思うけど、まとめるのが大変」 とおっしゃっている戦法と聞いているし、攻めがなかなかやっかいと感じていたのですが、実際その通りでした

その対戦


序盤は、ちょっと変わったゴキ中の出だしかと思ったのですが△9六歩当たりから、「ちょっと違うなぁ~」 とは感じていました。

24手目ぐらいには気づけばカニカニ銀・・・
カニカニ銀は55に駒の効きを集中してくるので、おいらもそれにあわせて駒を中央に集めて行きました
こちらは55から決戦をするつもりはないので、相手が両桂を跳ねて戦力の増量を行う分の手数を自陣の整備にあて二枚金に玉を囲っていきました。これは当初からの方針で、相手が攻めてきたときに、角道を活かしたカウンター狙いです。(本譜でもそうなりました)

48手目では、もう一路、玉を3一まで持っていきたかったのですが、▲6四角 △同歩 ▲5三銀みたいな感じで露骨に来られるのに嫌気したので△4五銀と、片方の桂馬を食いちぎりに行きます。△6五銀をしなかったのは、相手はどうせ角を切ってくるので、切られるなら、自陣の金を剥がされるのはイヤだったからです。
結局は、この手を持って、おいらが戦端を開くことになりました
ここからは、角道を活かしたカウンター狙いで指しているので、そんな感じの手の流れになります

66手目付近では、駒割りは角銀交換で得をしている上に、こちらは角が捌けており、また、玉型もこちらに分があると感じていたので 「指しやすい」局面とは感じていました

問題は82手目・・・
ここで△2五桂から詰みがあったのですが見遁してしまいました;;;
おかげで若干寄せにもたつきました。寄せれるときに寄せれないとダメですね^^

まぁ、無事に勝つことはできたのですが、カニカニ銀は、ホント、面倒で相手にしたくないです
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
posted by Nyawo at date: 2011.07.14 23:01
Category: 局後検討 | Permalink | Comment (0) | TrackBack (0) |
対 右四間飛車との対局
当Blogで右四間飛車の勉強をしている今日この頃、丁度右四間飛車の方と対局したのでそれを書いてみたいと思います。
Flashで表示

第1図 第一図は22手目 △3二銀までの局面です。
私は受けの形を先に作り、その後2筋の歩を伸ばして反撃体勢を整えようとしています。
対して後手は先手の布陣を見て急戦を断念しました。双方これからまだまだ駒組みを続ける局面と思います。
先手としては第一図が方針を決める局面で、
  1. ▲5八金から雁木
  2. ▲6八飛から飛車を振って4筋反攻
  3. ▲7七角から様子見
という指し方があるかと思いました。前回の記事では、振り飛車にどうのこうのと書いていたのですが、いざ実戦で考えてみると攻めてこようとしている方に玉が行くのは不安な感じで・・・。まぁ、今後対矢倉右四間をもっと勉強して対策をきちんと覚えれば囲っていけるのでしょうが・・・

第2図 第2図は1筋開戦から角香交換で龍を作り先手が良くなった局面
単に▲3二角では面白くないのかなぁ~と思って、
▲7五歩 △同歩 ▲7四歩 △同銀
▲5四歩 △同歩 ▲3二角
としました。
でも局後よく考えてみると、
  1. 単に▲3二角 △3一飛 (△4二飛は▲2一龍~▲6一銀) ▲2一角成で駒得を拡大させて良かったかも知れない。
  2. ▲3二角 △2二歩 ▲1二龍 (▲2二龍には△3一銀) △2三銀 ▲同龍 △同歩 ▲4一角成 は駒損大きく、選べない。
  3. ▲3二角 △4二金 は ▲2一角成。もしくは▲4一角成 △同金 ▲2一龍 と先手先手で攻めても良かったかも知れない。▲2一龍に△5二金には▲6一銀。△3一香や△5一金には▲8一飛と先手先手で
で良かったような気もしてきました。本譜は派手好みのいうか、激しい展開というか、かなり危ない指し方 (実際かなり危なかった) になってしまいました。

第3図 第3図は76手目で、▲7三馬と詰めろを掛けたところで△5三銀と王手してきました。
本譜は▲4七玉と逃げたのですが、ここから勝ちになるまで先手玉に詰みのある局面を何度も迎え、後手がそれを見逃しての勝ちになりました。
5筋から後手の反攻を許したのは第2図から5筋の突き捨てを入れて攻めたからで、先の反省のように▲3二角から着実に攻めていけばこんな挟撃型は許さなかったかも知れないと思います

ある高段の方が「寄せは桂香を金銀に替える作業。金銀を渡すと受けが効くようになるので余り良くない」 と言ってられたのを思い出します。今回は駒損の攻めではなかったものの相手に駒を渡す攻めになったので、こちらも負けの将棋にしてしまいました。勝負は勝ちましたけど、こーいう危なっかしい将棋はダメですね。
派手好みというか激しいのが好きとか受けが弱いとか、まぁいろんな問題ありますが、頑張ってきたいと思います。

人気ブログランキングへ
posted by Nyawo at date: 2010.01.29 15:22
Category: 局後検討 | Permalink | Comment (0) | TrackBack (0) |
対 先手石田流との一局
第1図 本年1月16日の自由対局より対先手石田流の将棋をちょっと振り返ってみようかと思います。6四歩 6三銀の形を作りに行くのが定跡なのは知ってましたが、ちょっと本譜の仕掛けを試してみたくて対四間飛車 右銀急戦と同じように指して右の第1図は28手目 △9五歩と仕掛けたところ。
この仕掛けがあるかどうかは不勉強で分からないのですが、以下
▲ 同歩 △7四歩 ▲同歩 △9五香
▲9六歩 △7五歩 ▲同角 △同銀
▲同飛 △8六歩 ▲8五銀 △8三飛
▲8六歩 △8七角 ▲6八銀 △9六香
▲同銀 △同角成 ▲同香 △8六飛
▲8五飛 △同飛 ▲同桂 △8八飛 (第2図)
第2図 と進みました。

香損ですが△8八飛と先手で飛車を打ち下ろすことができて駒損も回復できそうなので悪くないと思ったのですが、▲5八金寄 △8五飛成 のときに龍の位置が余り良くなくて、そんなに自信を持てる局面ではないようです。
感想戦では、対戦相手の方も「角銀交換のまま先手で飛車を打ち込まれる順があれば悪いけど、この局面では先手は角を手持ちにしてるけど後手の角はイマイチ働いてないのでその分先手が指せると思っていた」 という感想でした。
本譜は▲5八金寄 △8五飛成 ▲7三歩成 △同桂 ▲7一飛 と進みんで守勢に回る展開となり、難しいところもあったし受け間違いもあったんですが見事に詰まされました。

第2図 さて、話を元に戻してこの仕掛けがあるかないか考えたいのですが、図1の一手前の局面 (つまり仕掛け直前) では先手からこれといった仕掛ける順がないのだから、同じ仕掛けをするにしても27手目以下
△2四歩 ▲2八玉 △2三玉 ▲5八金寄
△3二銀 (参考図)
と進めてから仕掛けた方がよかったようです。
ちなみに、△3一角から無条件に△9五歩 ▲同歩 △7六歩 ▲同歩 △9五香の形になると後手が良くなるので△3一角のときには▲6五歩と反発してくることが予想されます。石田流で△6四銀に▲6五歩と反発するのは部分的な手筋だったと記憶しています。

石田流に対してこれといって得意対策を持っていないので、やっぱり対石田流を相手にするのは苦手です。

Flashで表示
人気ブログランキングへ
posted by Nyawo at date: 2010.01.19 01:51
Category: 局後検討 | Permalink | Comment (3) | TrackBack (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。